◎香りに鼻を向け感度高めて未来を探ろう。大切なものは目に見えない。                 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

秋の香りのランドマーク、金木犀 埼玉県入間市 彩の森入間公園
dsc_2174.jpgある秋の早朝、窓を開けると甘くビビッドな香りが飛び込んでくる。金木犀の開花だ。 dsc_2194.jpg深い翠の葉の隙間を埋めるようにぎっしりと花が連なっている。 dsc_2171.jpg東日本で出会った金木犀は、西日本のそれよりも大きく樹型の整っている。複数本単位で並木のごとく育てられている。埼玉県入間市、彩の森入間公園 dsc_2195.jpg dsc_2188.jpg dsc_2310.jpg複数本植えられているので、香りが濃厚。

いい香りがする晩秋のカツラ。事前に所在を見つけておこう。

dsc_7105.jpg葉は、ハート型。 dsc_7105.jpg裏は少し薄い色。 r0013833.jpg水場近くで見つけられますが、,公園や施設の植栽にも使われています。(5月 丹波篠山) r00135338cj81e91e58er8de868c8e.jpg桂の大木はめずらしい。(6月 京都大山崎) dsc_7106.jpg根元から幹が何本も伸びている。川や水を好む。(7月 滋賀県醒ヶ井) r002245983j83c8389928694v93872011-9-24m.jpg大阪 中之島のカツラ9月 r0020898948b96a28aae.jpg山口県 萩市5月 dsc_0963.jpg渓流を好む桂。10月 兵庫県但馬 但馬高原植物園 dsc_1323.jpg山深い水場にひっそりと佇む。島根県浜田市(門田の大かつら) dsc_1368.jpg香り立つ落葉 島根県浜田市(門田の大かつら)11月初旬 r0018387_edited-2m.jpg紅葉と桂の落葉。12月 大阪市内(藤田邸跡) img_290189d4948e83j83c838982cc96d810-4-19.jpg大阪 花の万博記念公園のかつら並木 83x83n838a815b839383v838783b83g81i2011-12-012013.27.2281j.png 感香旅行「桂の葉」ページへLinkIcon

イチョウの実は雌の木になる。
dsc_1773.jpgイチョウの紅葉 dsc_1782.jpg遠くから一目でわかるイチョウの木 dsc_1761.jpg街にも秋 dsc_1674.jpgイチョウの紅葉基準木 大阪のイチョウの紅葉は大阪城の西の丸公園入口のこの木が基準となる dsc_1680.jpg一面の絨毯 dsc_1683.jpgイチョウの基準木は、巨木 dsc_6448.jpg葉が落ちる頃、銀杏の実も落ちる r0027874.jpg銀杏の実は悪臭を放ちますが、種は煎ると香ばしい香りと食感で秋に欠かせない味覚。10月

秋バラ開花 東京駒込「旧古河邸」
r0021909.jpg秋バラ開花。東京駒込「旧古河邸」バラ園 (10月下旬) dsc_6897.jpg鉄鋼王の古河財閥三代目の別邸。高低差のある庭園のバラが見ものです。 dsc_6898.jpgレストラン、結婚式などにも利用されている瀟洒な建物と優雅なバラとのコントラストが見どころ。 dsc_6900.jpgフランス様式庭園 dsc_6927.jpg秋咲きのバラは、春に比べてゆっくり開花し花姿もきれいなものが多いとか。 dsc_6972.jpg秋バラは、香りも強くバラセラピーを楽しめます。 dsc_6964.jpgシックな色合いが多い秋咲きのなかで、白系のものは香りが明確。 dsc_6945.jpg香りとともに、一輪ずつ花姿も楽しみましょう。 dsc_6916.jpgノイバラも、ひっそりと咲いていました。 dsc_2518.jpgノイバラ発見。庭園脇の小道沿いに可憐に咲いていました。たいていのバラ園には、片隅にバラの原種「ノイバラ」が植えられていることが多いです。見つけるのが楽しみです。 dsc_6937.jpg朝夕の香りが立つ時間帯におでかけください。
香りを楽しむのに秋咲きバラは最高(9〜10月頃)

 


ローズガーデンは、
天然のアロマテラピー

究極のアロマ浴でリフレッシュ

バラを眺めながら、香りで満たされる


秋咲きのバラをたっぷりと味わいに出かけませんか。お部屋の中のアロマテラピーも気持ちいいですが、ビジュアルも楽しめるローズガーデンでの天然100%のアロマテラピーは格別です。

伊丹市 荒牧バラ園

ローズガーデン浴にはハーブテーをポット持参で


ローズガーデンは、各地にあります。バラ専門の庭園もありますが、植物園や遊園地の一角に整備されていたりします。温かいお茶とベンチに敷くハイキング用のざぶとん持参でゆくと、ゆっくりできます。

大阪千里 万博公園バラ園

植物園、ハーブ園の一角にあります


ちなみに関西なら大阪千里の万博公園をはじめ、ユニバーサルスタジオ、枚方パーク、宝塚ガーデンフィールズ、須磨離宮公園、布引きハーブ園、伊丹の荒牧バラ公園、浜寺公園バラ庭園、中の島公園バラ園、靱公園バラ園などがあります。

大阪市 中之島公園 バラ園

近くのローズガーデンを探す。


大きなバラ園も種類が豊富でいいですが、量に圧倒されるので、こぢんまりしたバラ園などお勧めです。

ローズガーデンのベストシーズン


春と秋です。春咲き、秋咲き以外に四季咲きのバラもありますが、季節のいい春秋が種類も豊富でたっぷり楽しめます。

秋は、身近なバラ園にでかけよう

特に、秋咲きのバラは香りが春に比べて強く感じる事が多いです。春咲きに比べると秋のバラは小ぶりで花数も少ないと言われていますが、写真をご覧頂いても分かるように、充分に楽しめます。

伊丹市 荒牧バラ園


まずは、近くのローズガーデンを探してみましょう。Netや友達情報やタウン誌などでお気に入りが見つかったらタイミングを見計らって訪問しましょう。

ローズガーデンごとに代表的なローズがあります



それぞれのローズガーデンごとに、特に大切に育てているローズがあります。希少種や貴重種などです。大阪の浜寺公園には、アンネフランクが育てていたバラの種を改良しアンネの父に捧げたローズがあります。とてもきれいです。他にも代表種がありますので、お目当てに出向いてください。

ベストシーズン


時期は春なら5月〜6月。秋なら10月〜11月あたりです。気候や地域によって異なりますので事前にチェックして下さい。

浜寺公園バラ園

LinkIcon日本のバラ園(リンク)NOIBARA

お気に入りの香りを探す

色と香りの関係?

最も香りが立つ時間帯は朝夕です。できれば太陽が昇る直後辺りが濃厚な香りを楽しめます。または、日没頃も香りを楽しめます。

嗅ぎPointも探そう

すべての花を嗅ぎ回ると傍目にも美しくありませんし、なにより鼻が疲れてしまいます。朝夕は、嗅覚も優位な時間帯ですので早めか遅めに訪れるのがいいでしょう。

ナエマ

白系のバラはよく香る


香りのよく立つバラは、白系のが多いようです。花の近くに寄れば香りが飛び込んできますので「一目ぼれ」感性を全開にして探してみましょう。


アスピリンローズ

気に入ったバラに出会えれば、写真を撮るか、スケッチをして名前も記録しておきましょう。あわせて香りの印象を記録しておくと楽しいです。

大阪市 中之島公園 バラ園

白系の花は相対的に香りが立つものが多いです。花の近くに寄れば香りが飛び込んできますので「一目ぼれ」感性を全開にして探してみましょう。

気に入ったバラに出会えれば、写真を撮るか、スケッチをして名前も記録しておきましょう。

ワイン好きの人が味わいの記録をとるように。


アロマテラピーに使用するローズ精油の産地は、ブルガリアやモロッコ、グラース産が有名です。園芸種と異なり小ぶりのダマスクローズやローズ・ド・メイや原種に近いバラの花です。

野いばら(テリハノイバラ)

それらのルーツが日本の野いばらと言われていますので、ローズガーデンに訪れたら、野いばらをチェックしてください。原種は香りも濃厚です。


USJ Roses of Fame
LinkIconUniversal Studio Japan「Ros
「Roses of Fame」

名前の由来が深〜い


バラの名前は、歴史的な名前がついたものや、イメージから命名されたもの、品種改良に関わった人の名前など由来やドラマがあります。

アンネフランクのバラ

お気に入りのローズの物語を調べてみると楽しみが広がります。

LinkIconバラについて Wikipedia

 

秋は森へ甘いカラメルの香り
に包まれに行こう!

水の音を目印に探そう

ハート型の葉っぱと川が目印です。



花や実が香りを放つのは不思議ではありませんが、落葉からとても良い香りがすれば、少し驚きます。しかも、辺り一面にほのかな甘い香りが(時に香ばしい)漂っていると、なんだか森の不思議さがさらにロマンチックなものになります。

桂の木は、水場近くの湿ったところを好みます


香りの源は桂の葉です。桂(カツラ)の木は、神社や深い森で出会えます。自生のものの多くは、水量のある川沿いに、また谷川の中に見つける事ができます。尾根よりも谷を探すといいでしょう。

桂の木は、何本もの枝を延ばしています

森に甘いカラメルの香りが漂い、
どこからか妖精が出てきそうな気配

ハート型の葉の目印



桂の葉は、落葉してはじめて香りを放ちます。甘いカラメルの香りだったり、場所によって醤油煎餅を焼く時の香りにとてもよく似ていますからすぐに分かります。葉の形もきれいなハート型で、香りも形もよい木です。



撮影:2005年10月10日
兵庫県 但馬高原植物園

2010年6月日 京都府 
アサヒビール大山崎山荘美術館
感香旅行「桂の葉」LinkIcon

兵庫県但馬地方

但馬高原植物園の桂は甘く香っています。

土壌の加減か、気候の加減か、甘く香ったり香ばしい桂の葉がありますので、探す楽しみも増します。

桂の木のそばに水飲み場がありました。


きれいな水を好むのか、傍らに水飲み場が有り、美味しいお水を訪れた人が飲めるように整備されていました。(但馬高原植物園)


ほとんど、谷川の中に木があるという感じで、水が生命線の木だなと改めて感じた。


大山崎山荘美術館

桂の木は、公園や植物園、庭園などでも見つける事ができます。

【カツラ】(カツラ科)
北海道から九州に自生。水脈のあるところに多く自生。
落葉時期は、晩秋。
葉を乾燥させると香りがよく感じとれます。
葉から甘い香りが漂う

大きな地図で見る

「香りのネ、」サイトは、嗅覚を開き豊かな感性を育むことを応援しています。

香りを楽しむ「感香旅行」のすすめ、鼻を使った遊びや暮らしなど、嗅ぐ事に焦点を当てた提案を行っています。嗅感覚を開く事で、五感全体が活性化します。「香りのネ、」の「ネ」は、フランス語で「鼻」の意味です。花など香りと、それらを嗅ぐ方の鼻、両方をまとめた造語です。(運営:香りの環境研究所)

いずれも無色透明の液体です

視覚、触覚だけでは判断出来ない! 


咽が渇いている時
どれを選びますか?

3つのコップには、無色透明の液体が入っています。
嗅覚無しで、安全性を推量る事は困難です。

無意識に、人は食品や環境の安全を嗅覚も全開でチェックしてます。

香りと嗅覚の関係LinkIcon

全部合わせるとどんな香り?

清涼飲料水を作ってみよう



レモン、蜜、シナモン、炭酸水を混ぜると、どんな味?
答えのページへ

視覚、触覚だけでは判断出来ない!

レモン果汁、シナモン(肉桂)、蜜、炭酸水(ソーダ)を混ぜると、市販されている、ある清涼飲料水のような風味がします。さてどんな風味がするか想像して見て下さい。

さーて、どれでしょう。

幼児期に豊富な「香りの原体験」を!
嗅感覚を育む機会を意識しましょう。

嗅覚体験は、バランス感性と受容能力を高め
生きる力を育みます。



特に、幼児期における生活基本臭や固有の暮し臭、自然界の香りとの出会いが、香りのボキャブラリーを豊富に蓄え、身体育成の礎となるでしょう。

音の名前(ドレミ)や、色の名前を覚えたように、香りの名前も覚え「絶対嗅覚」を養いましょう。加えて嗅覚刺激は、他の感覚器官の働きを活性化させます。情報収集の基軸となります。「鼻が利く」とは、感度がいい人の比喩で使われている事からも納得が行きます。

まずは公園で「香りの散歩」デビューLinkIcon
深く知るなら「嗅覚教育」へLinkIcon

どんな香りがするか嗅いでみよう人工香料に出会う前に自然香の体験を!

 

秋は栄養吸収率の高い季節。冬に備えて身体づくりをしましょう。美味しいものや、いい香りを堪能しましょう。

香りに包まれに出かけませんか?


ハナニラ

見る観光にとあわせて、香りも感じる「感香」旅行のご案内。

香りのある時期は短いです、それだけに貴重な体験に加えて、感性を育むよりよい機会です。季節、場所毎に異なる香り体験が、日本では数多くの機会があります。

香りを楽しむ「感香旅行」TOPLinkIcon

当「香りのネ、」サイトは「嗅ぐ」についての身体感覚をテーマに、嗅感覚の復権を提唱する香りの環境研究所のコンテンツです。

香りの散歩、感香旅行、日々香りに触れる楽しさ、あそび、嗅覚教育コンテンツなど公開しています。
主宰者:成瀬守弘  制作協力:Peppermint Studio

Autumn
2016-10-23_16.03.56.jpg秋咲きのバラ(高松市サンポート) 2017-01-10_23.11.59.jpg秋咲き バラ 香川県高松市サンポートバラ園 2016-10-23_16.04.59.jpg 2016-12-04_10.46.34.jpg栗林公園 dsc_2174.jpg金木犀 2019-10-16 埼玉県入間市 dsc_2281.jpg甘く焼き菓子の香りがする桂の落葉


身体を季節にチューニング!

酢橘と秋刀魚すだち

松茸新蕎麦秋茗荷




日本は、湿度、季節、多様な地形、植物種豊富な背景の元、人の嗅覚も優れていますから、香りを楽しむには世界一です。

当サイト内検索

Loading

香りの環境研究所 TOP

・What`s New
・News
・Index

TOPページLinkIcon

感香旅行

◎香りを楽しむ旅のすすめ
〜生アロマテラピーも体感〜

・感香旅行(スライドショー)

感香旅行「みかんの花」LinkIcon
感香旅行「藤の花」 LinkIcon
感香旅行「サガリバナ」LinkIcon
感香旅行「月桃」LinkIcon
感香旅行「ラベンダー」LinkIcon
感香旅行「桂の葉」LinkIcon
感香旅行「水仙」LinkIcon
感香旅行「Coffee Flower」LinkIcon

感香旅行一覧表示LinkIcon

・香り探しの旅紀行(記事)

└香り探しの旅紀行…1話LinkIcon

・今、嗅ぎ時の香り

今、嗅ぎ時の香り(四季)LinkIcon

香りの散歩

◎香りを使ったあそび方ノウハウ。
 子供向け、大人向けいろいろ


香りの散歩LinkIcon
嗅ぎ人TalkShowLive(投句)LinkIcon

学ぶ(嗅覚教育・アロマ)教える

ブログ・エッセイ

◎エッセイ、著作、メッセージなど伝えたい事あれこれ

ブログLinkIcon
エッセイLinkIcon
既執筆LinkIcon

Works

◎これまでやってきた事


実績LinkIcon
themeLinkIcon
執筆・著作物LinkIcon

提案・提言・提唱

◎これから提案したい事、提言、提唱、アイディア

各方面の方々へLinkIcon
スローガン:No Scent No LifeLinkIcon
香りのミュージアム構想LinkIcon
香りのいい庭づくり

About・Profile

Shop・通信販売

◎書籍、テキスト、教材等の販売

Shop:オンラインショッピングLinkIcon

リンク

◎嗅覚、五感教育、関連サイト

関連リンクLinkIcon
LinkIcon

ダウンロード

◎カレンダー、資料等ダウンロード

ダウンロードサービスLinkIcon

サイトマップ

◎サイト全容(一覧)

サイトマップLinkIcon

参考資料・情報

◎図鑑、開花情報など

香りの図鑑LinkIcon
└開花情報LinkIcon

香り前線@kunkunkun

Follow kunkunkun on Twitter


@kunkunkun 携帯Top

----------------サイト内リンク----------------















メールマガジン「香りホットニュース」
ENTER

No Scent(香り)No Life は、香りの環境研究所が提唱するスローガンです。

香りのない暮しはありえない、という意味を込めています。積極的に香りを感じる暮しの提案です。子供に香りの原体験を促進する活動を提唱しています。

LinkIconNo Scent No Life




---------------------リンク---------------------

  総合工作芸術家 だるま森+えりこ







オンライン寄付サイト Give One